ビジネスメールの挨拶

ビジネスメールの基本の挨拶文

ビジネスメールでの挨拶の仕方

IT社会となって、ビジネス文書は余程のことがない限りメールで大丈夫という具合になってきました。かつては、社外文書は形式に則って失礼のないようにということで、時候の挨拶とか慣用句とか、学生時代には使わなかったことが必須条件でしたから、ビジネスパーソンは文書で苦労していました。今はメールですので、そこまでの厳格な形式は求められませんが、冒頭の文書にはやはり注意が必要です。季節のことや、ますますご清祥云々ということは省いてよいとしても、最低限、「いつもお世話になっております」とか、「この度は種々ご配慮いただきましてありがとうございます」程度は必ず書き込む必要があります。

ビジネスシーンで活用するメール

現代ではスマートフォンが普及し、その影響でパソコンへの理解度も高まっていますので社会人でメールを利用したことがないという人はほとんどいないでしょう。プライベートでの連絡手段としても重宝されますが、ビジネスシーンにおいても非常に活躍してくれます。例えば営業マンが契約を取った後、改めてお礼のメールを送っておけばより親密な信頼関係を築くことができます。電話を通して声で直接伝えた方が気持ちが伝わるのではと考える人も多いかもしれませんが、多忙な人が多い現代ではいちいち電話で時間をとらせるのはビジネスとしてベストとは言えません。現代にマッチした連絡手段を活用することができればより良い結果を期待できるのではないでしょうか。

↑PAGE TOP