ビジネスメールお作法

ビジネスメール社会人のお作法

ビジネスメールの作法について

ツイッター、ライン、フェイスブックでのメッセージのやり取りに慣れると、ビジネスでメールを出すときに受取人に顔をしかめさせるようなものを出しかねません。ビジネスでのメールでは、次のような作法に気を付ける必要があります。まず、最初の行に受取人の氏名を書きます。フルネームが望ましいです。また、大企業では、会社名のほかに部署名を付けたほうがいいかもしれません。万が一、同姓の他部署の人に送ったときでも転送してもらえるからです。次に自分の所属と氏名を名乗ります。誰からのメッセージかをまず認識してもらうためです。そして、要件を入力します。

メールの文面に注意しよう

ビジネスの関係で、相手にメールを送る必要が出てきた時は、今一度マナーについて確認しましょう。最近、社会的に問題になっているのが、無礼なメールです。ビジネスシーンにも関わらず、まるで友達に送るような、カジュアル過ぎる文面でクライアントやユーザーに、文章を送る人々が増加しています。若手社員だけが行っているわけではなく、年代や性別に関係なく、絵文字や顔文字、あるいはフランク過ぎる文面を使った文章を送付してしまい、トラブルに発展しています。また仕事の連絡にも関わらず、日時や場所などか明記されておらず、相手を困惑させる文章を書いてしまう人々も多く、二度手間になってしまう事も少なくありません。

↑PAGE TOP