ビジネスメールの始め

ビジネスメールの重要な書き出し

ビジネスメール書き出しは簡潔に

ビジネスでのメールを書く際、注意すべきことは、簡潔にわかりやすく相手に内容を伝えることです。そのために何が重要かというと、最初に何の件で連絡をしたのかを、分かりやすく相手に伝えることです。つまり、季節の挨拶だとか、いかがお過ごしですか?などといった言葉は不要です。では、具体的にどう書くべきかですが、まずは、自分の名前を名乗ったあとで、「●●の件でご連絡いたしました。」といった分の書き出しが、相手にとってはわかりやすく、その後の文面も読みやすくなります。最悪なのは、最後まで文章を読まないと何の件だがわからないことです。大事なことは最初に書くことが、ビジネスメールでは重要となります。

メールでビジネスを円滑に

今やメールを使わないでビジネスを進めることは出来なくなっています。ですから誰でも使っているわけで差がないようにも思えますが、上手に使えばもっとビジネスの可能性が広がることもあります。例えば、交渉ごとにおけるやり取りの場合、ややもすれば何を要望しているのか分からない散文調の書き方をする方がいらっしゃいますが、相手はお友達ではないのですから、要点をかいつまんではっきり分かるように書く事が親切です。とにかく分かり易くを心がけるのが第一です。ただし、分かり易さだけを重視し過ぎて、失礼になってはいけません。メールとなると、面談と違って文字だけが相手に伝わりますので、簡潔でも相手を非難するように受け取られないように気を付けましょう。

↑PAGE TOP